5/14(火)の巻(その3)

 映画は午後1時前に終わった。さて、昼飯の時間である。  映画館とJR福島駅の間にはいろんな飲食店があった。  その中にはこのブログで最近取り上げた「餃子の珉珉」もあ った。  「先日入ったし、ここにするか」となった。  昼飯ではあるが、当然生ビールを注文。そしてビールに会う 料理もだ。当然餃子は外せない。  わが町に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5/14(火)の巻(その2)

 ドイツ映画「希望の灯り」を見るために赴いた映画館は、行く のが初めての場所だった。  事前に調べてはいたものの、現地近くに来ても場所が分か らず結局上映時間ギリギリに駆け込んだ。ところが、映写機材 の不具合で何と時間通りに上映できないとの由。  助かったというべきか。  予定時刻の10~15分後に復旧し、上映が始まった。や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5/14(火)の巻(その1)

 新聞に新しい映画の批評が出ると観に行きたいと思うが、 実際に映画館に足を運ぶまでに至ることはこれまであまり なかった。  しかし、去年(2018)の11月だったか隣町の映画館で 「ボヘミアン・ラプソディー」を観て以来、文字通り重い腰を 上げて(ホントに重いのだ...)ちょくちょく映画を観に行っ ていた。  標記の日に観に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4/29(月・祝)の巻(その3)

 大阪・梅田での飲み会。ここからだと家まで帰るのに1時間 弱かかる。  ディフェンシブに運ばねばと思いながらも、まだ飲むための 余力はあった。  何分不慣れな地である。適当な店など知る由もない。大型 連休の昼下がり、梅田近辺をY君と彷徨う。  大型連休なのに、昼間から飲み屋には人が溢れていた。中 には順番を待つ行列がで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4/29(月・祝)の巻(その2)

 標記の日となる。最寄り駅を11時頃に出る大阪行き電車に乗り、 11:40頃JR大阪駅に到着。待ち合わせ場所の同駅南口へと向 かう。  奈良の片田舎から大阪、それも一番の繁華街である梅田界隈 に来ると人の多さに参ってしまう。  自分はとにもかくにも人の多い所が苦手だ。なのによくもまあ、 長らく東京に住んでいたものだ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

4/29(月・祝)の巻(その1)

 標記の日から遡ること約2週間前の4/14(日)の午後。自分は 翌月5日に開かれる母校(高校)吹奏楽部定期演奏会で現役・ OB/OG合同演奏が企画されていることから、その練習に参加 していた。  急にスマホから電話の着信音がした。  練習中である。しまった、電源を切っておくべきだったと思うと 同時に何かバッドニュースでなけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嗚呼「平成」、将に去り行かんとす、の巻(その3)

 今から30年前、元号が昭和から平成に移ったのはまだ「一世 一元」というルールがあったから。つま、り昭和天皇の崩御による。  その日のことは、まだ覚えている。  それは確か、1989年(昭和64年)1月7日。土曜日ではなかっ たか。  土曜日は当時所属していたアマオケの練習日で、当初その日の 午後6時頃から練習開始だった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

嗚呼「平成」、将に去り行かんとす、の巻(その2)

 自分が子どもの頃、祖父母を始め周囲には明治・大正・昭和の 三代を生きた年寄りが大勢いた。  元号が変わることにより、ついに自分も「三代」を生きる身になる のは、非常に感慨深い。  「昭和は遠くなりにけり」  付け加えるならば、自分の場合昭和・平成共に30年づつ生きて きたことになる。  さて、新元号の御代においては何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嗚呼「平成」、将に去り行かんとす、の巻(その1)

 余命僅かとなった「平成」。これが新元号として発表された時は、 本当に驚いた。  当時の小渕官房長官がこの「平成」の2文字を報道陣の前に 掲げた途端、「何でオレの名前がブツ切りにされてるんや!?」 となったからだ。  自分の姓名を知っている御仁であればすでにお分かりだろうが、 この「平成」の2文字は自分の姓と名から1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この頃(3月)になると思い出すこと、の巻(平成編 その2)

 (この記事は拙ブログ 2012/3/12付 自分の場合あれから 3年、の巻に加筆・補筆したものです)   銀行を早期退職の後、2003年の7月だったと思うが某証券 会社に再就職した。同社では主に外貨決済・外国証券の決済 事務に携わった。  だが入社して5年半ほど経った2009年、急に営業部に人事 異動が出た。  実際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この頃(3月)になると思い出すこと、の巻(平成編 その1)

 つらつら考えてみると、「こんな生活」を始めたのがちょうど10 年前のこの頃だった。  新卒で勤めた銀行を2002年に早期退職し、再就職した証券 会社をリストラされたのが2009年。  その後、再就職活動したものの時はまさに不景気。リーマン ショック真っ只中だった。まあ、そんな状況だったのであの証券 会社もリストラしたのだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この頃(3月)になると思い出すこと、の巻(昭和編 その2)

 今でこそ大学入試の合格発表は大学のHP等ネット経由で 簡単に知ることが出来るが、自分の学生時代にはそんな便利 なものなど当然なかった。  国立大学に先立って2月下旬に受験した早大の入試の際は、 合否を電報で知らせる「合格電報」を頼むしかなかった。合否の 結果を学内の掲示板までわざわざ見に来るには、奈良はあまり にも遠い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この頃(3月)になると思い出すこと、の巻(昭和編 その1)

 毎年3月に入りしばらくすると、随分と昔のことが自ずと思い出 される。   大学入試のことだ。  いまだに思い出すということは、自分にとってよほど印象的な ことだったのだろう。  このことは以前拙ブログでも取り上げたが(2011/3/9付 大学 入試カンニング事件に思う、の巻(その1))、今回若干補筆し 久々のブログ記事と…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1/18(金)、の巻(その5)

 標記の日の翌々日(1/20 日)はアマオケの練習日。自分は 練習日の3日前から貸スタジオを借りて自主練を行っている。  今年の定期演奏会は、恐らく10月に行われる1回きりだろう。  回数がキリ番にあたるため、記念演奏会と銘打たれている。  取り上げる曲もこのオケにとっては無謀と思われるほどの難曲 だ。  これから10月まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/18(金)、の巻(その4)

 うなぎ屋のメニューだが、さすがに高級食材の料理である。  値段が半端ない。  ある程度予想はしていたのだが。  店では上うな丼を注文した。合わせてビールも飲みたかった が、さすがにそれは止めた。   しばらくして注文した上うな丼が運ばれてきた。  すぐさま口に含む。年に一回ありつけるかどうか、のうなぎで ある。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/18(金)、の巻(その3)

 病院の中にも食堂はあるが、外に出てメシを食うことにした。  少し歩くと、この辺りではよくあるロードサイドのチェーン店の 看板が目に入った。だが、他にも店はあるだろうと少し歩く。  するとうなぎ屋があるのに気付いた。  うなぎにありつくなど、年に一度あるか無いかである。  数年前確定申告に行った際、これも年一回の行事だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/18(金)、の巻(その2)

 アジアカップだがサッカー・日本代表はウズベキスタン戦を前に して、すでにグループリーグ突破を決めていた。あとはこの試合 の結果次第で、1位か2位かの通過順位が分かれる。  試合中継を最初から見るのは諦めたが、頭のどこかでこの試合 のことが気になっていたのだろう、午前0時過ぎに目が覚めた。  ああ、まだやってるな..。とTVを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/18(金)、の巻(その1)

 老親を抱えているといろいろと手がかかり、大変である。  自分のところはまだ両親共に生きている。だが、母親はすでに 老人ホームに入居済だ。こういう施設に入っていれば面倒を見て くれることは見てくれるが、何から何までという訳には行かない。  介護用品、それに衣服のような生活用品が必要・足りなくなると、 施設から電話がかかって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12/1(土)、の巻(その4)

 年が明けて20日も経つというのに、まだ去年のことをグダグダと 書いているとは...。  地元のクラフトビールを出す“J”という店でチビチビ飲っていると、 近くの席に女性客がいた。  どういうきっかけで話が始まったのかは分からない(というか、自分 が店でそばにいる女性客に声を掛けるなどという「暴挙」に出ること などまず考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12/1(土)、の巻(その3)

 飲み屋を求めて駅南口から北口へと移動したのは、11月に 入って馴染みになりそうな店に行くためだった。  この店(クラフトビール専門店)に初めて入ったのは、忘れも しない今年の11/11(日)。  練習後、いつものように奈良市内の「K」で飲むかと赴くと生憎 満員で入れなかった。それなら家の近所で飲むか、となった。  だが…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more